借金返済のための借入

返済日までに支払えそうにない場合はどうしたら良いの?
返済困難に陥る原因でいちばん多いのは「借金のための借金」です。これがいわゆる多重債務。返済期日が近づいてくるとついついやってしまっている方も多いのではないでしょうか。

そんな時は返済日まで支払うのが厳しいことを業者に説明して、今後の支払いについて相談しましょう。遅延損害金(大手で20%)がかかってしまう可能性はありますが、返済日の延期には応じてくれる可能性が高いでしょう。その際長くても1か月以内に返済しましょう。

それでも払えなくなった場合
「借金の事を人に話すなんて恥ずかしい」そんなことをいっている場合ではありません!迷わず専門家(司法書士や弁護士)へ相談です。家族や会社にも知られずに債務整理することが可能です。

借金とうつの関係

借金とうつの関係って一見関係ないように見えますが実はかなり関係しているのです。

借金をした人は分かると思いますが、借りる前、審査中、返済中、きちんとかえしててもう~ん・・何だか気分が晴れない。本調子じゃない。気分がすぐれないということになっているのです。

お金を借りる(何かを誰かから借りる)という行為だけで人はプレッシャーに感じているのです。

それが大きい会社からお金を借りているとなると、プレッシャーから体調を壊してしまうというのもあります。自分は大丈夫と思っても知らず知らずのうちに体調に出てくる人がいるそうです。

自分一人で抱え込まずに体調がすぐれない時には早目に心療内科で診てもらい精神状態を健康にしておきましょう。
借金も一人で悩むのは良くないことです。家族や友人には言えないとしても、ネットで専門家に相談してみることで今の状況から新しい光が差し込んでくるかもしれません。一人で悩んでも借金は減りませんが、相談すると借金が減らせることが殆どですので、善は急げでネットで無料診断を受けてみましょう。

借金相談を一人で解決しないで

借金解決を一人で悩まないでください
借金解決を一人でするのは少し待ってください。誰にも知られたくないから、一人で解決方法を探したいのは分かります。しかし専門家の意見を聞くことでスムーズに早く進む場合もあります。

今はまだ取り立てや督促状が着ていないでしょうか?もしこのまま借金をしたまま返せなくなると、取り立てや、督促状なども届く可能性があり、精神的にも追い込まれる状況が始まります。

専門家に依頼してお願いすることで、取り立てや、督促状などからも解放されます。弁護士や、司法書士が債権者に連絡を取って、取り立て行為をやめさせるからです。基本的に悪質な取り立て行為は法律で禁止されてはいますが、中にはそれでもドラマのような取り立てをしてくるところもあるかもしれないからです。

自分だけならまだしも、会社や家族に迷惑をかけるようなこともできれば避けたいですよね。そうなる前に相談することが大切です。「自分が作った借金だから、最後まで自分で返す」という立派な考えも大切ですが、それだけでは解決できない専門知識が必要になってくるのです。

そして、もしめでたく借金を自分で返せたとしても、長年にわたり消費者金融から借金をしていた場合には、過払い金が発生している可能性も十分あるので、総合的に考えてもメリットは大きいといえるでしょう。

借金相談-福岡

イラスト福岡で借金相談してくれるところを探しているけど、自分に合った債務整理の相談に親身になってくれるところがわからないな。どこでもいいのかな?

借金相談を福岡で探している方もいると思います。弁護士の無料相談に行ってみた方や、今もネット検索をしている方々。相談料が有料から無料になっているので、この機会を使って相談しておくのがいいと思います。初回相談が無料ということなので、費用がどれくらいなのかも確認しておくとよいでしょう。

借金をしている人の多くが陥るという「一人で解決しようとする」ことです。これが一番誤りを招きやすいといわれています。解決方法が1つではない事を知ってください。

家族に迷惑をかけたくないからとの理由で、

適当にどこでもいいやと急いで相談するところを決めるのも控えてください。

相談を希望しているなら、自分に合った相談場所を見つける事が肝心です。

司法書士や弁護士でも借金問題の中でも、実際に請け負った債務整理の実績で自分の得意分野があると思います。自分の借金の内容をよく把握してもらうことが大切です。

ヤミ金相談

ヤミ金相談にのってくれて融資をしてくれるような業者から借金をしようと考えているのなら、あなたの資金繰りは悪化の一途を辿っているといえます。ヤミ金の被害者になる前に、こちらをお読みください。

◇誰にも相談できなくなってしまってまた借金を繰り返してしまっている。
◇借金の返済のことで頭がいっぱいで集中できない。
◇弁護士や司法書士に相談っていうけど、そもそもそんなお金がない。
◇相談して家族にバレたら、そっちが大変。
◇自分でつくった借金なので自分で返すのが筋だ。
◇利息を払うので精一杯。それも厳しくなってきた。
◇給料全部返済に充てても間に合わない。

このような状況に全て当てはまっているようであれば精神的にもよくありません。自分を責める前に一人で考えず相談することが大切です。きっと借りた事に後悔していると思います。その気持ちがあるなら、診断して現状を把握して相談のきっかけにするのもいいかもしれません。

多重債務でお悩みなら

多重債務でお悩みなら、日々の仕事にも集中できていませんよね?休日も返せる見込みのない返済のことで楽しめないですよね?もしくは督促の電話がかかってきている方。いらっしゃると思います。

まずは思い切って相談することから始まります。重い腰が上がらないのは・・・

家族に知られるから?自分の借金はちゃんと返したいから?業者が怖い?まだ借りても平気だから?

しかし!こんな日々は終わりしないと!

  そうお考えですよね。

今まで解決策がなく途方に暮れていた方でも、必ず解決方法はあります。この記事を読んでいるならネット環境もありますよね?
今ではネットで借金の無料相談を行ってくれるところが数多く存在しています。勿論匿名です。

実際の着手となると費用もかかりますが、それでも相談したら解決方法が見つかると思いますので、これ以上借りる事はせずに相談しましょう。

債権者一覧表とは

債権者一覧表とは、
債務者(つまり借金をしている自分)が用意すべき書類のことです。どこからどれだけのお金を借りているのかを全て正確に、正直に弁護士(もしくは司法書士)に伝える必要があるからです。債務整理はこの債権者一覧に沿って行われるのでとても大事な書類なのです。

この書類を元に債権者(つまり借金している会社)全員に弁護士が依頼を受けた旨を伝えます。もしここで書き洩れがあると債権者に通知が行かない為手続きがスムーズに行かないのです。

 あの金融会社は感じ悪かったし、書くのをやめておこうなどという考えは捨てましょう。

必要な内容は以下の通りです。自分で作成しましょう。
1.借入先の住所
2.借入先の連絡先
3.現在の債務額
4.取引開始年月

さらに
サラ金のカードやクレジットカード、最近届いた請求書、収入のわかるものなどを用意しておくと良いでしょう。

借金減額

借金減額するにはどうすればいいのでしょう。何社もある借金で悩むと「解決できない」「費用がかかる」「難しい」「恥ずかしい」「一人では解決できないから諦めかけてる」など一人で解決するには荷が重い作業です。

しかし借金減額というわずかな希望を持っているのであれば、必ずまた元の生活に戻れる時が来ます。借金を減額する方法をまずは一人で悩まないことが一番です。そして以前弁護士事務所などで相談費用が高いなどの理由で途中で諦めてしまっている方も、

相談にのってくれるプロは一人ではありません。

必ず自分に合った債務整理をすることで借金減額の可能性見つけて行きましょう。

債務整理といってもその方法は様々です。借りている額や借りている年数、今の収入、返せる見込みや過払い金の有無など総合的に判断して借金の減額につながる可能性もあるということです。しかし相談せずに最初から「自分は借金減額はできないだろう」と思いこむにはまだ早いです。

プロに依頼することによって、今まで督促状や取立てに怯えていた生活から解放されます。とはいえ借りているものを返していないという現実を忘れてはいけません。

借金の取立て

借金の取立てが来たらどうしよう。会社に取り立てがこないだろうか?夜中に取り立てがきて家族にばれないだろうか?などと不安になっている方がいるかもしれません。取立てにも禁止事項が貸金業法で定められているので、違法な取り立てはしてはいけないことになっています。とは言え、借りたものを返していないのもまぎれもない事実なので、まずは自分の返済計画が甘かったことなど反省しなければいけません。

ざっと取り立て禁止行為を載せてみますので目を通してみてください。
 夜中・早朝に取立て

 むやみに相手の勤務先などには連絡

 借り手の情報や秘密を、他人に知らせること

 他から借りて返済させようとする行為

 連帯保証人でもないのに、借りている人以外(家族や親類なども含め)に取立てをする行為

取立て行為に違反すると厳しい罰則があります。しかし「返さない」と「返せない」は違うので借りた側が真摯に返していく姿勢が非常に重要になってきます。

おまとめ審査

おまとめローン審査というのはよく聞きますし、ネット上でもおまとめすることが最善策のようになってきていますが本当にそうでしょうか?
おまとめとは・・・数社から借金している場合、一つの金融機関から融資を受け、サラ金の借金を一括返済するためのローンです。

魅力的な言葉だけど・・
数社から借り入れしている人は気になる言葉ですね。救世主的な言葉ですが、もう少し詳しく見ていくと、メリットとデメリットがあることがわかります


 メリット
1.前のサラ金などの借金より低金利
2.返済が一社になるので手間が省けて振込手数料も安く済む
3.残額を満額返済するので、信用情報に傷がつかない
 デメリット
金利が高いところから借りている、もしくは取引期間の長いサラ金に一括返済する場合は、借金自体が減ってることも考えられます。サラ金にすれば引き直し計算で減額されたり、過払い金を取り戻されることなく借金を返してくれる。そんなありがたい話はないわけです。

一人で考えるのには限界があるので相談しましょう。自分の現状と将来の生活設計を考えて自分にあうものを見つけましょう