法テラス 借金相談

法テラスとは日本司法支援センターの通称で、法務省所管の公的法人です。
借金や離婚、相続などを総合的に解決へと導いてくれる総合窓口というわけです。

実際に悩みを整理し、適切な窓口を案内してくれます。その他に法律の手続きで分からないコトバの解説や無料相談もあるようですね。

またうれしいは弁護士・司法書士の分割払いの制度があるのもうれしい限りです。

弁護士に依頼する金がない

借金しているのに、弁護士や司法書士に支払う費用がないかたでも、法テラスでは費用の立替金制度があるので、困った時に歯頼れる存在ですね。

では、本格的に弁護士や司法書士を探すことになった場合、最適な方法は、何と言ってもネットでの匿名無料相談です。

無料だし、匿名だし、面倒なことは何も必要ありません。いろいろ聞いて、すぐに決断せず自分にあった専門家を見つけると解決もスムーズです。

主婦多重債務

主婦の多重債務が本当に増えています。

債務整理を考えないといけないくらい、毎日自転車操業。しかも旦那様には内緒。このパターンが本当に多いし、増えているのも事実です。実際、一度や二度無料で街の法律相談にのってもらったとしても、すぐに明瞭な解決方法には至ってない方も多くいらっしゃいます。

なぜか?それは、本人が例えば『任意整理』を考えているにしても、弁護士には「自己破産」といわれた場合などです。自己破産になると、自分以外の人にも迷惑をかけてしまうことになるので、本当に最終手段なのです。しかし、相談する弁護士にうまく誘導されてしまわないように、自分がどんな方法で債務整理をしたいのか?内緒なのは絶対に譲れないなどの条件をのんでくれる専門家を見つけるのが重要です。

あなたと同じように、旦那に内緒で借金(しかおけっこうな額)している女性は日本各地で大勢います。だからこそ、必ず解決してくれる弁護士を見つけることができると思っておきましょう。

 その中でも、評判がいいのは、街角法律事務所です。匿名でしかもネットで無料相談ができるので、旦那さんいバレることもなく相談できます。

いい専門家との巡り合いがあなたの借金を必ず解決に導いてくれます。

債務整理ビジネス最前線

債務整理をするということは、法のもとに弁護士や司法書士に守られることを意味していると言っても過言ではありません。じゃぁ、どんな弁護士でも安心といえるでしょうか?

ココが今後のあなたの債務整理を左右する最初の大事な1ページとも言えます。

よくも悪くも債務整理に関連する案件を取り扱う法律家は全国でも数多く存在し、中には悪徳(言い過ぎ?)な商売をしているところも中には存在しています。

信頼をして依頼できるかどうかが一番の焦点になってきます。

法律のド素人の債務者をエサにする無能な弁護士

私達は一般的に法律の専門知識がありません。どんな交渉がいくらくらいなのか、最初に明確にしてもらって置かないと、相場もわからす支払に応じてしまうことだってあるでしょう。

債務整理をしよう!と具体的に動いているのなら、自分の借金の種類と同じような案件を解決した実績のあるプロを見つける事が大切です。街の無料法律相談で、たまたま運命の出会いがあればラッキーですが、中には借金の問題ではなく、離婚専門。ということも実際にある話です。

弁護士の得意分野を理解して、自分にとって最善であるプロを見つけましょう。

多重債務で借金相談したけど、まだ迷っている

多重債務で借金相談したけど、まだ迷っているという奥さんに内緒の旦那さん。

そこにはこんなこころの闇があります。

■妻に借金してることバレたら離婚されるかも?
■自分を正統派できるものは、もうなにも残されていない
■債務整理をしてことがないので、その後の生活が見えてこない

など、実際債務整理を自分でやってみるまでは、その後の生活がどのように変化するかは、やってみないとわかりません。
しかし、以下の事だけは言える。というものをいくつか集めてみましたので、見ていきましょう。

☆取り立てが来なくなる!督促電話がパタリとなくなる
☆債務整理を内緒でしたい方が多数派。そのあたりを考慮してくれるので安心だった
☆借金が減る場合がほとんどで、もっというと過払い金が戻ってきたりもします。
☆勤務先などにバレないで債務整理ができる
☆借金ができなくなる

このようなことがやる前と、やった後での違いです。債務整理をした後でも、会社も辞めずに働きつづける事ができます。債務整理の種類は様々ですが、やって後悔するようなことにはならないことは100%言えます。

銀行ローンで借り換えより安全な道

銀行ローンで借り換えより安全な道は、債務整理をすることです。複数社からの借り入れを銀行系で一本化しようとします。

うまくいけばいいものの、複数社からの借りいれが既にある場合に、審査通過リスクを伴います。

まず、銀行ローンで借り換えを検討している場合、

 同時進行で債務整理の相談もしておくと、過払い金の請求などで今までの借金から、お金が戻ってくる可能性もあるからです。

銀行ローンで借り換えると、最初は借金が減ったかのような錯覚を起こしがちですが、減ったわけではありません。どちらが自分にとって有効な手段なのかは、一目瞭然です。

審査に通らなかったことも考え、最初にネットの無料相談を使って、どちらが今の自分に必要なのかを見極める必要があります。

実際債務整理をした人の中の声で一番多かったのは、

一本化する前に、債務整理をしておくことで、苦しむ必要がなかったといいます。返済能力に無理がある借入なら、最大限に借り入れを作るよりも債務整理を考えるのがごく一般的といえます。

お小遣いからうまく借金返済したい

内緒で借金返済をしていますか?
借金返済も複数社から借り入れしていると、返済できる額も限界がきます。
借金返済に困った人は、新たに借入先を探さなければ、返済ができなくなるような状況が簡単にできてしまいます。
誤れば闇金からの借り入れをしてしまっている事もあります。注意しましょう。

最近変な電話がかかってくるし
「融資しますよ」とか「低金利」とか「おまとめ」とか。なんで俺が借金で困っている事しってるんだ?

どこからか情報が漏れている事は確かです。だからといって甘い誘いに乗ってはいけません。

債務整理をする人の中にはすでに闇金から借金してしまっている人もいますが、闇金の場合、連絡が後でつながらないということもよくある話です。
トラブルになることがよくあるので、最初から闇金で借りることは絶対にやめておきましょう。

債務整理しても、家族に借金をしている事を伝えていないので、自分のお小遣いから返せる額にして欲しい、という相談はよくあります。借金の額にもよりますが、内緒で債務整理ができそうなところを無料シュミレーションで探しておきましょう。

一社からしか借金してないのに返せないけど債務整理できる?

一社からしか借金してないのに返せないけど債務整理できる?
債務整理は、何社借りているからできるとか、いくら借金があるからできる。というものでもありません。

収入は支出は人それぞれ。収入に対して支払いが追い付かない時が債務整理のタイミング
といえます。

タイミングで言うと、今すでに返済が苦しい状況にあります。となると次の借入先を探しているころだと思いますが、次は借りないでください。

一社で支払いが滞りがちなのに、次の会社の審査は通りにくいと考えましょう。もし借りる事ができても、悪循環の始まりです。

大手

中堅

街金

闇金
この形を崩すことはできません。借金を繰り返すと必ず下まで落ちてしまうのは、この構造があるからです。

債務整理には相性も関係します。すぐに一社に決めてしまうのではなく、自分の案件に真剣に耳を傾けてくれる専門家を探しましょう。

専門家というのは、弁護士もしくは司法書士の事を指します。司法書士の場合には借金総額140万までに案件が限られますので、それ以上の金額の債務整理をしたい場合は弁護士に相談するとよいでしょう。

債務整理に着手した段階から督促状や取り立てはこなくなります。これだけでも平穏を取り戻せます。

債務整理をした後に借金をしないこと

債務整理をした安心感から、借金を再度繰り返してしまう人が中にはいます。債務整理中に貸してくれるところはないので、誤ってヤミ金に手を出すことが絶対にないように、借金をしないことを誓いましょう。

歩合制の給料が災いして借金400万超!

歩合給を軽く見ては危険
自分の仕事は歩合給で月々の給料に差があります。
月20万の時もあれば、90万の時もあります。クレジットのリボ払いで月々1万円設定にしていたのが災いして気づけば借金が400万ほどになっていました。

返済できる時はいいのですが返済できない時には、消費者金融からの借金でその場しのぎの生活になってしまいます。家族もいるので将来も考えたら貯金がないといけないのですが実際は貯金など夢の話です。

クレジットカードのリボ払いからの借金という形にハマってしまう方が本当におおいです。この方の場合個人事業主だったので、自分が稼ぎによって給料が変わるとてもシビアな世界です。こうなると家族を支えていくには計画性がとても大切になってきます。
目先の生活と長期的な計画をしておくと、必要な時に慌てることもなくなります。

クレジットカードはできるだけ枚数を減らし(できれば一枚にまとめる)、使う心配があるなら予め限度額を少額に設定しておきましょう。知らず知らずのうちに使ってしまうのを防ぐことができます。クレジットカードも消費者金融も実は同じくらいの金利が発生してしまいます。クレジットカードだから安心と思っているとこの方のように血の気の引くような借金をしてしまうことになってしまうのです。注意しましょう。

実際クレジットカードからの借金が返せなくなり、債務整理をする人が増えています。ネット気軽にショッピングできる時代なのでついついクレジットカードで支払いをして引き落とし額を気にしないでいると大変なことになってしまいます。

商社勤務でも転落人生

収入が増えるに従って、交際費は増えていきます。
【体験談】
商社勤務。年収500万でも借金しすぎて返せていけません。消費者金融が商社勤務の私に安定的な収入があると見込み、度額が多かったことも使いすぎた原因です。
外車、彼女、女友達。一見華やかな独身貴族ってヤツですが、アウディQ7をローンで買って以来、借金プラス車のローンで立ち行かなくなってました。
ボーナスも手取りで30万くらいはあるのに、彼女と旅行したらすぐになくなりました。背伸びしすぎたオレに嫌気がさしたのか、彼女からの突然の別れ。「結婚しないなら別れて」今の自分には引き止める力がありませんでした。

男はかっこいい車にのって、働いとけば結婚もできるし幸せな家庭も築けると思っていました。しかし、人生を狂わせた借金のおかげで彼女も車も手放す形に。残ったのは支払の目途がつかない借金。

今までの生活水準から抜け出せない

飲みの誘い、服飾代、コンパなど独身男性なら普通の光景。しかし、自分では借金の事しかもう考えられなくなっていたんです。こうなると、仕事にも力がはいらず、いつも借金返済の事ばかり考えていました。
幸い、ネットで自分と同じような借金を抱えた人のブログを見て、債務整理という言葉を目にしました。

債務整理をする前に、何度も自分にあった弁護士を見つけるためにネットで検索しました。債務整理のサイトをみると、無料匿名診断を推奨してたし、騙されたと思ってやったら本当に本当に親身になってくれる弁護士に出会えたのです。

独身だったこと、結婚の予定がなかったこともあり、今は債務整理後反省しながら生活しています。

専業主婦の多重債務で夫に支払義務はあるか?

妻が生活費を借りtら、夫にも返済義務はあるか?

たとえ夫婦でも保証人になっていなければお互いのした借金の返済義務を負いません。

安心してください。

たとえ夫婦でも、保証人になっていなければお互いのした借金の返済義務を負いません。貸主の中には、保証人でもない配偶者に返済を迫るもの緒珍しくないようです。「妻が、夫の借金を返すのは当たり前だ」などという貸主の勝手な理屈に、つい根負けして払ってしまったり、自ら借金の返済義務を引き受けてしいます。法律上、夫や妻は配偶者の借金を支払う義務は原則としてありません。

 借金をした配偶者が死亡した場合、配偶者は相続人となります。相続放棄や限定承認の手続きを取らない場合に限りますが、マイナスの遺産でおある借金もまるごと返済する義務を負ってしまうことを知っておきましょう。

 もう一つ例外は生活費など日常の家事に関する鵜場合、互いに連帯責任があります。どこまでというのは明確には区別はできませんが、妻が高価なブランドものを購入した。などはこの中にははいりません。

借金そ自ら引き受けてしまうことの多い夫婦のどちらかの借金ですが、安易に手助けすると債務整理後に再度借金を作ってしまう可能性が考えられます。反省してもらう機会を作るためにも、自分で作った借金は自分のちからで 返してもらうようにしましょう。