ギャンブル依存症を治す

借金と依存症の共通点は、著しく周囲の信頼を失墜させるものです。
あなた自身の信頼の回復を得る事も今後の人生でとても重要なものになってくるので、早目の対処をしましょう。

ギャンブル依存症は
心理カウンセラーに相談する

【自己診断チェックリスト】
■ギャンブルの事を考えて仕事が手につかなくなることがある
■自由なお金があると、まず第一にギャンブルの事が頭に浮かぶ
■ギャンブルにいけないことでイライラしたり、怒りっぽくなったりする
■一文無しになるまでギャンブルし続けることがある
■ギャンブルを減らそう、やめようと努力してみたが結局だめだった
■家庭にうそを言ってギャンブルやることがしばしばある
■ギャンブル場に、知り合いや友達はいないほうが良い
■20万円以上の借金を5回以上したことがある、あるいは総額50万円以上の借金をしたことがあるのにギャンブルを続けてる
■支払予定の金を流用したり、財産を勝手に換金してギャンブルに充てたことがある
■家族に泣かれたり、固く約束されたりしたことが2度以上ある
5個以上あてはまる人
病的ギャンブラーの可能性が極めて高いです。早期治療を。
 
3個以上当てはまる人
ギャンブルの楽しみ方を今一度見直してください。

借金

債務整理するためここで相談する
債務整理をしなければ、どのみち今ある借金は自力では返せなくなります。
ドブに捨てたことを悲しむのはあなただけではありません。あなたの借金で家族が泣くのを見たくなければ今すぐ相談し債務整理に進みましょう。
依存症の方に共通しているのは3社以上の金融会社から細かく借金をしていることです。今その借金の返済を把握するだけでもかなりしんどいとおもいますので、整理して楽になりましょう。

債務整理一覧表で借金を一目で把握

借金一覧表を作ると現状把握ができ、一目瞭然になります。
債務整理をするにあたってその債務整理を選ぶかの基準にもなるのでコレを作成しておくと後が楽です。
書き出すのは下記の①~④に沿って書きだしましょう。

①借金している相手の名前、住所(各支店)のすべて
②借金の残高は少なく書いても意味がありません。
③いつから借り始めたか
④いつまで支払っていたか

【注意点】

業者が主張する借金残高を書きましょう。
こんなに借りているの?と思われたくないのか、一部の借金しか書かない人もいますが、それはダメです。気持ちは分からないではありませんか、過払い金を逃さないために全て書く!が鉄則です。
取引を開始した時期が分かるようなもの(明細書)があれば一番いいですが、ほとんどの方が借金明細書の保管をしていないことがおおいので、契約を結んだ日がわかればよいでしょう。
最後の返済をいつおこなったかで滞納期間がわかります。

記入する借金はサラ金以外も書き出しましょう

債務整理では借金の全体像をつかむことが大切です。

■銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫からの借金
■支払い中の住宅ローン
■支払中の自動車ローンや商品ローン
■リボ払いで買い、まだ完済していない商品
■誰かの保証人になっていれば、その保証額
■会社や友人親戚からの借金
■滞納している家賃、電話料金、携帯電話料金、光熱費など
(法律上、これらの借金を滞納すれば借金とみなされるからです)

すべての借金をクリアにすることが債務整理のスタートになります。
債務整理の申し込み

弁護士に払う金なんか1円もないけど債務整理できる?

イラスト弁護士費用が払えないと決めつけていませんか?
あなたのように借金している人たちばかりがどうにかしたくてするのが債務整理。債務整理ができる人、できない人は何が違うのでしょうか。それは以下の事を知らないままだからです。
弁護士費用が払えないと考えなくていい(弁護士に払う金なんか1円もない)んです!

そうです!1円も払えないようなあなたと同じような方が債務整理して日常の生活に戻っています。
弁護士費用を用意できなくても債務整理ができる事を知っておきましょう。できなくても専門家の力を存分に借りて解決している方は日本中に何人もいます。

弁護士側も、そもそも返済するお金がない人ということを事前に理解した上での債務整理になるので、今まで借金を返済してこれた人なら誰でも弁護士費用は支払えます。しかも最近では弁護士事務所もたくさんあるので、競合他社に勝ち得るため、弁護士費用の後払いが可能であったり、弁護士費用が分割で払える事務所がほとんどです。

弁護士費用がかかったとしても、

その金額を何十倍も上回るレベルの借金が減るとすれば借金を放置する人はいないと思います

しかし、これを知らない人がまだまだ多いので債務整理をためらう人がいるのです。

弁護士に対しての支払を一番ネックに考えていた方はこれで債務整理する決心がつきましたね。弁護士に相談する際に、費用についても理解し応じてくれる弁護士や司法書士を見つけて解決しましょう。
安心して相談できるのは以下のバナーからどうぞ。クリックし、新しい画面が表示されればクリックして質問に答えていきましょう。

債務整理の申し込み

相談は無料です。匿名で相談できるので数ある弁護士事務所から自分に合った会社をいくつか見つけて最終的に一社にお願いするようにしましょう。
確実にあなたの借金生活から救われる日も遠くはありません。

多重債務で死んでしまいたいと思ったら

お金で死を選ぶ必要はありません。簡単に死を選んではいけません。生きていれば全てが解決できるからです。今、一番苦しい時かもしれませんが、そんな人たちを救えるのが債務整理です。借金地獄なのはあなただけではないんです。

イラスト一度は死んでしまいたいとまで考えていました。借金を600万円以上抱えて、マイホームのローンもありましたから。知らず知らずのうちに精神的にも患っていたのかもしれませんね。しかし、これだけは思っていました。死んだら今まで頑張って返済してきたこともなかったことになるんかーってね。
でもおれが死んだら保険金が出るなーとかは考えましたが、債務整理を試しにしたら、借金がなくなったんです。なくなったというと大げさですが、100万円以下になりびっくりしました。もと早くしておけばよかったと思いました。

そうです。思いつめて自殺を急ぐよりも債務整理をしたらいいことばかりです。取り立てはこなくなりますし、以前の日常が取り戻せます。債務整理したからと言って会社を退職しなければいけないわけでもないですし、マイホームもやり方によれば手放す必要もありません。

じゃぁ、なぜ自殺する人がいるのか?
 債務整理の相談を一度も受けていない
 存在を知らない
 知っていても自分とは無縁と興味をしめしていない
 弁護士費用が高いと思っている
なんらかの理由で債務整理に踏み切れないことが一番の理由です。

債務整理の申し込み

無職ブラックだけど金借りたい

無職ブラックだけど金借りたいと真剣に考えている方、

  • あなたは今いくら借金がありますか?
  • いつから借りていますか?
  • 何社からの借り入れがありますか?

この3つの質問。実は債務整理で聞かれる最初の質問です。ブラックで返済が滞りがちになっているあなたの場合、債務整理をした方がこのまま返済を続けるよりも返済額も精神的にも楽になる可能性が充分あります。ネットシュミレーションでは数秒で分かるのでまずは試してみましょう。

今まで返済の事だけで頭がいっぱいだったのに、返済額が減るんなんて夢みたい

イラスト実際この街角法律事務所なら安心の100社以上法律相談所から自分に合った専門家を選ぶ事ができるので、苦しみから解放されるだけでなく、不要な利息を払うこともなくなるためスリム化できるのが一番のメリットかもしれません。

 そうは言っても家族に内緒で借金しているから、債務整理をしてもバレそうでイヤ!怖い!それに弁護士や司法書士に相談すること自体すごく不安。費用だってバカになんないでしょ?

提携している弁護士や、司法書士はあなたを借金問題を解決してくれますが、誰かにバラしたり、気づつけるような言葉を言ったりするようなことはまずありません。全力で解決に向けて債権者とのやり取りをしてくれます。プロなので、あなたと同じような借金問題で悩める人たちを日々解決に導いてるの、もちろん家族に内緒にするなどの配慮も慎重にしてくれるので安心できます。

不安を解消して、借金する前の生活ができるように早目の債務整理をおすすめします。

債務整理の申し込み

債務整理中に借金したらどうなる?

債務整理中にお金を借りれるのか?また借金したことがバレたらどうなるのか?を紹介します。

だいたいの方が借金に懲りて債務整理をするのでこのような事態になる事は考えにくいものですが、それでも借りてしまう方はゼロではないのも事実です。

簡単に言うと懲りてない。そしてこんな人も要チェック

■借金依存症
■ギャンブル依存症
■買いもの依存症
■本当に急なお金が必要になった(冠婚葬祭など)

上記の3つは病院に行って治療が必要なものです。債務整理をしたから反省できるというものではないようです。債務整理が始まってすぐに闇金から借金する人も中には存在します。正確にいえば闇金からしか借りれないでしょう。しかしそれで債務整理中の返済が滞った場合には、一括返済を要求される可能性や、手続き無効になりめちゃくちゃになっちゃいます。

債務整理の最中は誰か信頼できる人に自分のお金を管理してもらうのも有効な手段です。とは言え、独り身の場合は誰も頼ることはできませんから借りる危険性のある人は弁護士または司法書士に助言を求めてみるのがいいでしょう。この人懲りてないなと判断されるので質問すること自体もナンセンスといえるでしょう。

→債務整理の相談は信頼のおける街角法律相談所こちらです

京都弁護士借金相談

京都弁護士借金相談についてお探しなら、京都は法律相談所も数多く点在しているので正直悩むと思います。

京都借金相談悩みポイント
■自分に合った弁護士とは?
■司法書士や弁護士の選択肢が多くて誰に頼んだらいいかわからない
■街中で知り合いに会いたくないのでネットで下調べしておきたい
■おまとめローンの前に債務整理を知りたい
など

街に借金相談事務所が溢れていても、なかなか一社には絞るのは難しいものです。

そんな時に無料でネット相談できるのが街角法律相談所です。
無料でしかも匿名相談ができるので時間のムダもありません!

それにスマホで簡単に操作できるうえに、時間もかからないのでパパッと空いた時間に軽く調べる事が可能です。

→街角法律相談所に無料(匿名相談)相談してみる方こちら

自己破産には2種類ある

自己破産は2種類あることをご存知でしょうか。
本当に支払不能な状かどうか?

例え借金が50万でも、100万円でも本人が支払不能な状態であれば自己破産が認められます。

1.同時廃止・・資産がほとんどなく、借金を抱えた事情に問題がない場合にとられる手続きのこと。
2.破産管財・・一定以上の資産があったり、借金を抱えた事情に問題がある場合にとられる手続きのこと。

同時廃止は申立てから免責確定までおよそ4か月ほど。
破産管財は破産管財人が選ばれ、その後の手続きで最低6か月はかかります。

流れとしては以下の通り
1.破産手続きの開始と免責申立て
2.裁判官の面談
3.破産手続きの開始決定
4.免責の面談
5.免責決定
6.免責確定

上記がすべて完了すると自己破産の手続きは終了し借金を支払わなくて済みます。免責確定の証明書が必要な場合は書類が送られてはきません。自分で改めて裁判所に申請しましょう。

闇金の借金返済不要で今すぐ闇金解決

闇金から借りた借金は返金不要です。その方法は、以下を実行することで確実に手を切る切ることができます。
※最高裁が平成20年6月10日に闇金元本返済不要とと判決を出しています。

【心得】

☆闇金は違法と知って営業をしている
☆個人で「借金返済は断固としてしない!」と闇金に訴えることはリスクが高すぎる

こうなると、弁護士、司法書士に介入してもらって解決するのが最善策です。

【注意点】

☆闇金に対して実績のある弁護士や司法書士がほとんどではない
☆弁護士や司法書士に払うお金がないとあきらめていると闇金と手を切れない(支払のアドバイスも受けれる)
☆この仕組みを利用して最初から借金を踏み倒すつもりで借金しない(詐欺行為にあたる場合、弁護士や司法書士に相談しても解決できない)

注意点を闇金に対して実績のある債務整理相談をすると、着手してから間もなく取り立てはこなくなり平常な生活ができるようになります。

→まずは自分に合う債務整理の相談先を見つけましょう