債権者一覧表とは

債権者一覧表とは、
債務者(つまり借金をしている自分)が用意すべき書類のことです。どこからどれだけのお金を借りているのかを全て正確に、正直に弁護士(もしくは司法書士)に伝える必要があるからです。債務整理はこの債権者一覧に沿って行われるのでとても大事な書類なのです。

この書類を元に債権者(つまり借金している会社)全員に弁護士が依頼を受けた旨を伝えます。もしここで書き洩れがあると債権者に通知が行かない為手続きがスムーズに行かないのです。

 あの金融会社は感じ悪かったし、書くのをやめておこうなどという考えは捨てましょう。

必要な内容は以下の通りです。自分で作成しましょう。
1.借入先の住所
2.借入先の連絡先
3.現在の債務額
4.取引開始年月

さらに
サラ金のカードやクレジットカード、最近届いた請求書、収入のわかるものなどを用意しておくと良いでしょう。